ルプルプの使い方/染まる白髪染めの効果(LPLP)

LPLP(ルプルプ)の使い方 3つのポイント

ルプルプ使い方バナー

 

 

LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントの使い方、実際に使ったコツ、ポイントを紹介します。

使い方は簡単です。

・乾いた髪に付けて30分放置するだけ
・使い切りタイプではなく、使う量だけ出して使えるので経済的
・1年続けると、サンクスギフトももらえる定期便が、コスパ最強

 

 

白髪染めランキングはこちら

 

LPLP(ルプルプ)の上手な使い方:効果的な白髪の染め方

ルプルプの使い方

ルプルプはカラートリートメントタイプの白髪染めですので、シャンプー後の濡れた髪にトリートメント代わりに使えば良いかと考えがちですが、きちんと髪を染めるには、説明書通りの正しい使い方をしましょう。

説明書の内容と日常に使っていてわかったコツを、紹介します。

 

ルプルプの効果的な使い方1:毎回、乾いた髪に塗布する

色が入り定着しやすくするための使い方として、使用開始から最初の3回程度はシャンプー前の乾いた髪につけることがおすすめされています。

ルプルプの染まり方

 

色が安定してからは、週1回ほど、シャンプー後の濡れた髪に10分馴染ませて洗い流すことで、色が安定することが説明書には記載されています。

ルプルプの濡れた髪への使い方

ですが、おすすめは、毎回、乾いた髪に付けることです。

なぜなら、

・シャンプー後の濡れた髪だと、髪に付けたトリートメントが垂れる心配がある。
・シャンプー後だと、お風呂の鏡が曇ってよく見えないので、生え際の白髪染めが難しい。
・お風呂の中で10分間、トリートメントを付けたまま、特に夏場は入浴せず、シャワーだけで済ませたい場合には難しい。

からです。

乾いた髪であれば、ルプルプカラートリートメントが垂れる心配なく生え際、分け目や白髪が気になるところにきちんと塗れますし、空調の効いた部屋で待てばいいので楽ちんです。

 

また、ヘアーワックス等の整髪料は付けていない乾いた髪に付けるようにしましょう。

 

色が落ち着いたら週に1回の頻度ですが、毎回、乾いた髪に使用するのがおすすめです。

 

ルプルプの効果的な使い方2:髪全体にたっぷり付ける

ルプルプを使うときは髪全体にたっぷりと使いましょう。

部分的に付けると、そこだけ色が入って他と段差ができたり、付ける量が少ないと色ムラの原因になります。

たっぷり使うと、金銭的に不安になりますが、ルプルプは定期便を長く続けるほど、割引きや年に一度のサンクスギフトがもらえるので、続けるほどお得になります。

使う量のイメージは普段使っているヘアトリートメントの3倍ほどです。たっぷり使いましょう。

 

ルプルプの効果的な使い方3:コーム(クシ)で何度も何遍なく通す

髪に付けたら、髪の1本1本の全周にトリートメントを付けるイメージでコームを何度も通しましょう。

鏡を見ながら、右から左に付けて、逆に左から右。そして、前から後ろと後ろから前と4回付けながら、髪にキチンと付いているかを確認しましょう。

コームは100均で売ってるもので問題ないですが、目の細かいものを選びましょう。

 

ルプルプの効果的な使い方4:シャワーキャップを被り、放置時間は30分以上取る

ルプルプの放置時間は20~30分ですが、経験上、長めに取った方が、色がしっかり入ります。

とはいえ、1時間以上の長時間は不要ですが、毎回、30分は取った方が良いでしょう。

ルプルプを付け終わったら、あちこちにトリートメントが付くと困るので、シャワーキャップを被りましょう。

放置時間で気をつけたいのは、トリートメントを付け始めてからではなく、きちんとトリートメントを髪に付け終わってから、30分測りましょう。

シャワーキャップを被り終わった時間から30分測るようにしています。

慣れるまでは、髪に満遍なく付けるのに10分ほどかかりますが、慣れれば5分もあれば十分ですので、放置時間と合わせて40分ほどです。

 

ルプルプの効果的な使い方5:放置時間は空調の効いた部屋で過ごす

染まりを良くするポイントとして、

塗った髪を温める:
ヘアキャップもしくは、ラップを使用。蒸しタオルやドライヤーの熱風で温めても染毛力が上がります。

(引用元:公式サイト)

と公式サイトにありますので、特に寒い日はきちんと暖房の効いた部屋で放置時間を過ごしましょう。

 

 

LPLP(ルプルプ)の使い方、使用頻度の注意ポイント

きちんと効果的な使い方は紹介しましたが、日常的に使う際の注意ポイントを紹介します。

 

色選びは、何色がおすすめ?

ルプルプはブラウン、ダークブラウン、モカブラウン、ベージュブラウン、ソフトブラックの全5色のラインナップがあります。

ルプルプヘアカラートリートメントは全5色

 

初めて白髪染めをする人には、中間のモカブラウンがおすすめです。黒髪には色は入りませんので、白髪が多い人には色が入りやすく、白髪が少ない人には、あまり色が入りません。

黒髪と染まった髪色とのバランスで色を選ぶと良いでしょう。

もっと違う色が良いという理由で別々の色を混ぜて使わないようにしましょう。

 

1本買うと何回分使える?

ルプルプの使用量

ルプルプヘアカラートリートメントは1本に200g入っています。

全体染めの場合には、推奨使用量がショートヘアだと、1回につき30~35gなので、約7回分、セミロングだと50gなので、約4回分の使用量です。

最初はわからないので、実際に測りで重さを測って使うことをお勧めします。慣れれば、髪への塗り具合で調節すれば良いでしょう。

 

使用頻度はどれぐらい?

ルプルプの色もち期間

ルプルプはヘアカラー剤のような染毛剤ではないので、シャンプーするたびに色が落ちます。

2~4週間ですっかり色が落ちるので、それまでに使用しましょう。

色落ちよりも前に、染まっていない白髪の根本の伸びが気になるので、毎週使っています。

ルプルプ自体は、肌に優しいヘアカラートリートメントなので、毎日でも使えます。

 

手袋を使わずに素手で使える?

ルプルプは石鹸で簡単に洗い流せます。

コームで髪全体に白髪染めをするのであれば、髪に馴染ませるようにルプルプトリートメントを手で触らないので、手袋はなくても白髪染めができますし、手に付いたとしても簡単に洗い流せます。

ですが、コームを使わずに手で髪にトリートメントを染み込ませようとすると手や指だけではなく、爪の奥にルプルプが入り込んで気づかずに洗い流し忘れると次の日は爪の奥が真っ黒になります。

素手でも使えますが、手袋を使う方が無難です。仮に素手で使う場合でも必ず塗れた手で扱いましょう。

 

顔や体についても洗えば落ちる?

「白髪染めあるある」ですが、全体染めをすると、おでこ、もみあげ、えりあしのどこかには必ず付きます。

ルプルプは石鹸で洗い流せるので、顔や体に付いても慌てずに、全体染めができてシャワーキャップを被ってから、石鹸で汚れた箇所を洗ってタオルで拭き取れば大丈夫です。

あらかじめ生え際にニベアクリームなどを塗っておくと汚れても拭き取れます。

 

洗面台、浴槽は汚れる?

白髪染めをしている時にルプルプが洗面台や浴槽に付いたとしても石鹸で簡単に洗い流せます。

ヘアカラーを流した後の洗面台が汚れている美容院もありますが、あんなことにはなりません。

石鹸で落ちにくい場合には、ハイターのようなアルカリ性の洗剤で落とせます。

 

 

LPLP(ルプルプ)の使い方の本音は?染まる?

良い口コミの多いルプルプですが、実際に使った感想、本音を紹介します。

 

実際に使った染まりやすさ

実際に使って染まりやすさを検証したところ、公式サイトに掲載されてある、こちらの画像の通り:

ルプルプの染まり方

 

回数を重ねると徐々に白髪が染まり、3日連続の使用で、完全に染まり切った感じです。

 

 

使った後の色持ち日数

ルプルプを使わない日は、普通にシャンプーをするだけなので、色落ちはするようですが、1週間だと、自分の髪をじ〜っと見ても、「少し色落ちしたかな?」と感じる程度です。

公式サイトには、2~4週間で完全に色が落ちると書いてますが、そんなに経つと色落ちよりも、新たに伸びた白髪の方が気になります。

 

使い安さ

2液タイプのヘアカラーを使ったこともありますが、ショートヘアの場合だと、毎回、液が余るので、「もったいない」「使う分だけ使えると良い」と思いますが、ルプルプはチューブから使う分だけ出せば良く、開封後も使用期限は3ヶ月もあるので、使い勝手はとても良いです。

 

髪、肌への使用感

ルプルプは、無添加処方、ガゴメ昆布のフコイダン、美容成分も94%配合といった、髪と肌に優しい成分がたっぷり入っていることもあり、使った後の髪にはツヤがでます。

乾燥肌なのですが、ドライヤーをかけた後は、頭皮が痒くなるのですが、ルプルプを使うと痒くなりません。

ただ、個人差があるので、心配な方は事前のパッチテストをおすすめします。

 

 

LPLP(ルプルプ)の使い方:白髪を染める時にあると便利なもの

ルプルプ定期便の毛染め5点セット

ルプルプで白髪染めをする際に、あると便利なグッズを紹介します。

こちらの公式サイトから定期便を申し込むとあると便利グッズはセットされていますが、その中でもあった方が良い3点(手袋、コーム(クシ)、シャワーキャップ)を紹介します。

ロングヘアの方は、ケープとイヤーキャップもあった方がいいと思います。

いずれも、100均またはホームセンターで安く売ってるもので構いません。

 

便利グッズ1: 手袋 – 手についたルプルプは洗えば落ちるけど、爪の奥が手間

手や指についたルプルプトリートメントは石鹸を使えば、綺麗に洗い流せます。

ですが、手袋は必須です。

なぜなら、爪の中に入り込んだ白髪染めを洗い流すのが難しくなるからです。

特にネイルをしている人は、ネイルに白髪染めが残ったままだと黒くだめになってしまうので、手袋は必ずしましょう。

 

便利グッズ2:コーム(くし) – 髪に満遍なく付けるには必須

次に重要なのが、コーム(くし)です。手袋に載せたルプルプを髪の根元に置いたのち、髪の根本から毛先までクシで髪をとかすようにトリートメントを伸ばすことで髪にムラなくつけられます。

髪の表と裏の全周に満遍なく付けるイメージで髪のいろんな向きに付けましょう。

ただ、髪の毛先から根本に向かって、逆方向に付けると髪にクシが絡まるので、毛先までとかした後は、クシにトリートメントが残るので、また根本から毛先に伸ばすことを繰り返せます。

 

便利グッズ3:シャワーキャップ

ルプルプを髪に付けたら放置時間は長めに、できれば30分程度は取った方が良いので、シャワーキャップを被りましょう。

手で頭を触ったり、頭を椅子の背もたれに付けたり、子供が頭を触ってきたりした場合に、シャワーキャップがあると汚れを防げます。

また、塗った髪を温めた方が、染まりが良くなるので、髪を温めるためにもシャワーキャップは使った方が良いです。

 

 

LPLP(ルプルプ)の使い方:白髪を染めるのに、向いている使い方

ルプルプは売上No1

7年連続で国内売上No.1を継続しているルプルプですが、購入者の92%が、「次もルプルプを使いたい」と回答しています。

実際に使った方の使い続けたい理由を調べました。

ヘアカラートリートメントだけど、しっかり染めたい

髪のキューティクルを開いて内部に染料を染み込ませるヘアカラー剤と違い、ルプルプは髪の表面に染料を塗るヘアカラートリートメントです。

一般的にヘアカラートリートメントはヘアカラーに比べて、髪に色が入りにくいです。が、ルプルプは、ほんの少しだけ微アルカリ性になっているため、髪の表面に色がつきやすくなっていますので、ヘアカラートリートメントの中では、しっかり染めたい人に向いています。

ただし、黒髪に使っても明るい色に染めることはできません。あくまで白髪に色を付けるものです。

 

ツヤのある髪を手に入れたい

ルプルプは天然成分を多く配合しています。

特に、独自成分のガゴメ昆布のフコイダンが、髪と地肌を保護してくれるので、ルプルプを流した髪は、とてもツヤツヤした髪になります。

 

継続するほど、コストパフォーマンスが高くなる

ルプルプサンクスギフトがすごい

実はルプルプを使うのがおすすめな理由は、

・定期便は毎回10% OFF料金が割引される

・購入金額に応じて、サンクスギフトがもらえる

からです。

一例ですが、最高ランクの年間購入金額が4万円以上のゴールドランクになると、15,500円相当の商品がプレゼントから選ぶことができます。

ルプルプ人気1番のギフト

定期便の継続で、割引やプレゼントが選べるのもルプルプ定期便のうまい使い方です。

 

 

 

LPLP(ルプルプ)の使い方:染まりを長持ちさせる使い方

ルプルプの説明書に書いてある染まりを良くする使い方を徹底分析しました。

使い方のポイントを紹介します。

 

染まりを良くする使い方1:乾いた髪に使う場合

ルプルプを使う際の注意1

そもそも乾いた髪に付けることが、使い始めの染まりが一番欲しい時の使い方ですが、前日に使ったヘアトリートメントがきちんと洗い流せていなかったり、ヘアワックスを付けていたりすると、ヘアカラートリートメントが髪に染み込みにくくなります。

乾いた髪に使う場合には、髪に何も付けていない状態で使いましょう。

 

染まりを良くする使い方2:濡れた髪に使う場合

濡れた髪に使う場合には、タオルドライをした状態で使う方が、トリートメントが垂れることなく、髪全体に塗りやすくなります。

 

ルプルプを使う際の注意3:放置時間を長く取る

白髪染めはある意味、化学変化なので、ある一定以上の時間は必要です。推奨の放置時間なので、30分なので、長めに取りましょう。

 

ルプルプを使う際の注意4:洗い流す前にお風呂で保温

先ほどと同様、白髪染めは化学変化なので、ある一定以上の温度も必要です。夏は、入浴せずにシャワーで済ませたい日もありますが、冬は放置時間を入浴しながら過ごせば、保温効果もあるので、一石二鳥です。

 

 

ルプルプの使い方まとめ

LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントの使い方をまとめると、

・乾いた髪に付けて30分放置するだけ
・使い切りタイプではなく、使う量だけ出して使えるので経済的
・1年続けると、サンクスギフトももらえる定期便が、コスパ最強

使い方は簡単です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました