白髪染めランキングサイト/おすすめの10選!

白髪が気になる・・・。

でも、美容院で白髪染めをすると1回5,000~8,000円が相場。

決して安くないのよね。

 

自宅で安く白髪染めができると良いけど、市販されてるヘアカラーって種類がいっぱいあって、選び方がわからない。

 

手軽にできて、どうせなら髪や地肌に良い白髪染めを知りたい。

 

こんな悩みにお答えします。

 

市販されている30種類以上の白髪染めのおすすめ、売れ筋商品や口コミをいろんな目線で体験・比較したので、ランキング形式で紹介します。

 

きっと、あなたに合ったヘアカラーの選び方、自宅で手軽にできる、髪・肌に優しい白髪染めが見つかるでしょう。

 

【白髪染めの比較おすすめ】選び方3つのポイント

白髪染めTop

白髪染めを比較すると、ヘアカラー、ヘアマニキュア、ヘアカラートリートメントの大きく3種類あり、それぞれに数多くの商品があります。

市販されている数多くの白髪染めから、あなたに合ったヘアカラーの選び方のポイントを紹介します。

比較するポイントは3つあります。

  1. 目的、髪の質や量に合わせて白髪染めを選ぶ
  2. ヘアケア成分配合の髪や肌が痛みにくい白髪染めを選ぶ
  3. 自宅でセルフで手軽にでき、安くてコスパの良い白髪染めを選ぶ

 

それぞれ紹介します。

 

白髪染めの比較と選び方1:目的、髪の質と量

白髪染めは色だけを比較するのではなく、種類、あなたの髪の質と量によって、染まり方が変わります。

一回でしっかり白髪を染めたい、色を長持ちさせたい場合には、”ヘアカラー”がおすすめです。

ヘアカラーは、薬剤で髪のキューティクルを開き、髪の内部に染料を染み込ませるので、色持ち効果は1~2ヶ月と長いです。

ですが、ヘアカラーは髪にダメージを加えるので、使った後のトリートメントきちんとしないと髪にダメージが残ります。また、ヘアカラー剤の多くに含まれるジアミンが頭皮に浸透し、かゆみ、腫れといったアレルギー反応も心配なので、使用前のパッチテストは必ずしましょう。

 

白髪を染めつつ、髪や頭皮のダメージを抑えたい場合には、ヘアカラートリートメントがおすすめです。

ヘアカラーひ比べると、1回で白髪が染まりにくいので、白髪染めの回数は増えますが、カラートリートメントは徐々に白髪が染まるので、周囲に白髪染めをしていることを気付かれにくく、仕上がりは自然になります。

ヘアカラートリートメントのメリットは、トリートメント成分が配合されているので、髪や頭皮のダメージはヘアカラーよりも少なくなります。中には、美容成分がふんだんに配合されているため、普段使っているトリートメント代わりになるものもあります。

ただし、カラートリートメントは髪のキューティクルを開かずに、髪の表面に染料を付けるので、毎日のシャンプーで洗い流されます。白髪染めの効果をキープするには、1週間に一回程度使う必要があるヘアカラートリートメントが多いです。

 

また、髪質によって、染まり方、色の入り方が変わります。

一般的に、髪質が柔らかく細い人は、一回の白髪染めで色が染まりやすいです。明るめの色にしたい場合は、見本に近い色になりやすいですが、黒系の色を選んだ場合は、見本以上に黒っぽくなりやすいので、少し明るめの色を選ぶ方が良いです。

比べて、髪質が硬く太い人は、色が染まりにくいです。黒系の色の場合には、見本に近い色になりやすいですが、明るい色にしたい場合には、少し明るめの色を選びましょう。

 

ヘアカラーやヘアカラートリートメントはパッケージに男性または女性の絵が描いてありますが、男性用、女性用を比較しても大差なく、どちらも使用できます。

 

白髪染めの比較と選び方2:白髪染め向きの成分

白髪を染めるだけなら、髪のキューティクルを開くアルカリ成分やジアミン系が含まれた白髪染めが良いですが、自宅で手軽に長く繰り返し使うには、比較的、髪や肌を痛めにくい成分が多く含まれたものがおすすめです。

 

髪や肌のダメージを抑えるのであれば、香料、鉱物油、ジアミン系の染毛剤が無添加で、髪や地肌への美容成分がたっぷり配合されている白髪染め用のヘアカラートリートメントがおすすめです。

 

また、白髪染めをするときには、誤って顔、腕、洗面台やお風呂に付くことがありますので、簡単に洗い流せる成分が含まれている方が自分で手軽に使うのに便利です。

 

白髪染めの比較と選び方3:コスパが良いもの

髪の毛は毎日伸びるので、髪の根元は当然ですが、定期的な白髪染めが欠かせません。

継続使用が前提になるので、髪や地肌へのダメージを抑えつつ、比較的コスパの良い白髪染めを選びましょう。

白髪染めには、使い切りタイプの商品や、必要な量だけ使うボトルやチューブ式の商品があります。値段が安いからと言って、使い切りタイプの商品を選ぶと、余ったカラー液を捨てることになり、比較すると結果的に高くなる可能性があります。

必要な量だけ使うチューブやボトル式が、比較するとコスパ的にはおすすめです。

市販されている白髪染めでドラッグストアやアマゾン、楽天だけでなく、公式サイトの価格も比較して、同じ商品なら、なるべくお得に買えると財布に優しく、続けやすくなります。

本サイトで紹介している商品は、いろんなサイトを比較して、どれも最安値で購入できるサイトの商品を紹介しています。

 

【白髪染めの比較おすすめ】ヘア・スキンケア成分配合の人気(総合売れ筋)比較ランキング

販売本数順に比較した、おすすめの白髪染めの人気・総合売れ筋ランキングを紹介します。

 

1位:ルプルプ(LPLP)

ルプルプの年間販売本数は、約40万本(当社調べ)で、シリーズ累計販売270万個を突破している他の商品と比較しても売上No.1のヘアカラートリートメントです。

楽天市場の白髪染め部門リアルタイムランキング2014年~2020年の7年連続No.1で、人気トレンドは今も継続中です。

ルプルプは植物由来の天然染料を使用している、髪、頭皮に優しいノンジアミンの白髪染めなので、肌荒れ・敏感肌の人にもおすすめです。

公式サイトからの購入で、初回¥1,980(税抜)と他サイトと比べて、超お得です。

ルプルプの詳細ページはこちら

 

 

2位:ラボモ(LABOMO)

アートネイチャーが開発したラボモの年間販売本数は、約25万本(当社調べ)です。2020年8月時点で、シリーズ累計販売151万個を突破しています。

2015年から販売を開始し、今や1分に1本売れている白髪染めヘアカラートリートメントです。

ラボモはノンジアミンなので、ヘアカラー剤と比較して、髪や肌へのダメージは少なくなります。

公式サイトからの購入で、初回¥2,992(税込)で購入可能です。

 

ラボモ(LABOMO)の詳細ページはこちら

 

 

 

3位:マイナチュレ

マイナチュレの年間販売本数は、約20万本(当社調べ)です。

2018年誕生からわずか2ヶ月でベストコスメアワード1位を受賞し、シリーズ累計販売200万本を突破しました。

マイナチュレもノンジアミンなので、ヘアカラー剤に比べて、髪、頭皮へのアレルギー副作用は少ないです。

初回価格は¥3,380(税抜)です。

 

マイナチュレの詳細ページはこちら

 

 

4位:レフィーネ

レフィーネの年間販売本数は、約13万本(当社調べ)です。

2006年に誕生し、2010~2018年の9年連続でモンドセレクションを受賞し、2017年8月に限っては、楽天市場ランキング1~3位を独占しました。

シリーズ商品と比較して、大容量300gボトルがコスパ最強の¥2,111(税込)です。

 

レフィーネの詳細ページはこちら

 

 

5位:ブローネ泡カラー

ブローネ泡カラー

ブローネ泡カラーの年間販売本数は不明ですが、全盛期の2009年の売上げ本数は驚愕の1100万本ですので、今もそこそこの売り上げ本数はあると思われます。

ブローネ泡カラーはジアミン配合のヘアカラー剤なので、ヘアカラートリートメントと比較して、一回できっちり染めたい人に向いています。

2006年に誕生し、2011年にリニューアルし、楽天、アマゾン、マツキヨ等のドラッグストアでオープン価格で購入できます。

 

ブローネ泡カラーの詳細ページはこちら

 

ブローネ泡カラーの購入はこちら

 

6位~10位は一気に紹介

6位〜10位は順番のみ紹介します。それぞれ詳細の解説ページを参照ください。

 

6位:ロレアル ヘアカラー エクセランス

ロレアル ヘアカラーの詳細ページはこちら

7位:利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントの詳細ページはこちら

 

8位:花王 リライズ

花王 リライズの詳細ページはこちら

 

9位:エブリ カラートリートメント

エブリ ヘアカラートリートメントの詳細ページはこちら

 

10位:クレオディーテ

クレオディーテの詳細ページはこちら

 

続いて、色の長持ち効果を比較した白髪染めのランキングを紹介します。

 

【白髪染めの比較おすすめ】色の長持ち効果の比較

白髪染めには、色の出方や色持ちの良さの効果によっていくつか種類があります。

 

1. ヘアカラー:髪のキューティクルを開いて髪の内部に染料を染み込ませる。

2. ヘアマニキュア:髪の表面に色を付ける。

3. ヘアカラートリートメント:髪の表面に染料を定着させ、トリートメント効果もある。

 

それぞれの特徴と効果の比較結果は、こちら:

白髪染めの種類 染めの効果 髪のダメージ 色持ち
ヘアカラー
黒髪も明るく染まる

ややあり

1~2ヶ月
ヘアマニキュア
白髪染め向き

ほぼなし

0.5~1ヶ月
ヘアカラートリートメント
白髪染め向き

トリートメント効果あり

1週間

 

とは言え、どんな種類でも人工的に色を付けているので、いずれ色落ちします。

白髪染めは、一回やって終わりではなく、継続することが必要です。

それぞれの特徴を理解して、一回ごとの色持ち効果を長くしましょう。

 

白髪染めの効果の比較:明るく色を長持ちさせる

白髪染めの色持ち効果を少しでも長持ちさせるコツは、染めた日だけに限らず、洗髪後は、いつもきちんと髪と頭皮を乾かすことです。

濡れた髪は、乾いた髪と比較して、互いにくっつきやすく、くっついた状態でクシを通したり、ワックスで髪型をセットするとキューティクルが剥がれたり、傷付きやすくなります。髪が濡れたままだとカラー剤も乾いていないので、タオル、服、枕などに比較的、色移りしやすいです。

また、髪だけ乾燥させても頭皮が乾燥していないと髪の根元の生え際のカラー剤が乾かないので、根元の色落ちの原因になります。根元がうまく染まらない原因の一つが、この頭皮の乾燥不足です。

せっかく白髪を明るく染めても、髪をきちんと乾かさないと、色持ちが悪くなるばかりではなく、手触りやツヤの悪化の原因になります。

白髪染めの色持ち効果を長くするために、髪を根元から毛先まできちんと乾かすことが大切です。

特に髪の短い方は、ドライヤーが手間だからと言って、タオルで拭くだけで、後は自然に乾燥させると髪の毛どうしがくっついたり、せっかく明るく染めた白髪のカラー剤がタオルなどに色移りしますので、白髪染めをしない日と比較して、きちんと乾かしましょう。

ただし、温風で乾かしすぎるとキューティクルが傷つくので、比較的に乾いたら温風から冷風に切り替えて髪と頭皮を冷ましつつ乾かしましょう。

指が髪に絡まらず、クシが自然に通る程度に乾かすのが目処です。

 

【白髪染めの比較おすすめ】自宅での手軽な使い方の比較

ヘアカラー剤であれば月に一度は白髪染めを、ヘアカラートリートメントだと比較的多め、週に一回、することになります。

自宅で手軽に白髪染めをするコツを知っておくことで、白髪染めのストレスが低減します。

 

白髪染めをうまく使いこなすポイントは、まず髪の毛については、

・比較的に、白髪の気になる部分を優先して染める
・生え際、髪の根元から毛先までの髪全体を均一に染める
次に、髪以外については、
・髪以外の顔、手に白髪染めの付着を防ぐ
・洗面台、風呂の壁・床等を汚さない
・汚れた場合には、すぐに洗い流す

です。

 

市販の白髪染めヘアカラーを、自宅で比較的に手軽に使うためのコツ、便利グッズを紹介します。

 

まず、髪の毛を染めるための便利グッズは、

・使い捨てのポリエチレン手袋:爪の奥、手や指にカラー剤が染み込むのを防ぐ
・コーム(くし):髪の根元から毛先まで白髪染めを伸ばす

です。これらは、ネットでも売ってますが、送料を含めた料金で比べると、ホームセンター、ドラッグストア等での購入金額と比較すると安い場合が多いです。

素手で使えるヘアカラートリートメントもありますが、爪の奥に染み込んだカラー剤を石鹸で洗い流すのは困難ですので、手袋はあった方が良いです。使ってすぐの手袋であれば、カラー剤で汚れていても手洗いのように石鹸で洗うことで、白髪染めが流れ落ちて、繰り返し使えます。

コームも一つあれば、白髪染めをした後に洗うことで、何度でも使えるので、ない場合に比べると一つあるだけで非常に便利なグッズです。

 

次に白髪染め時の汚れを防ぐグッズは、

・スキンケアクリーム:頭皮の生え際に塗ることで、ついた白髪染めが比較的に、洗い落としやすくなる。
・イヤーキャップ:髪が長く耳にかかる場合には、髪に付けた白髪染めが耳に付くことを防ぐ。
・ヘアーキャップ:白髪染めを髪に付けて、放置する時間を過ごす間に誤って触ったり、家具や服にカラー剤の色が付くのを防ぐ

です。

 

これらのグッズは、白髪染め商品に付属しているものもありますが、いずれもドラッグストア、ホームセンターか百均で揃いますので、必要な場合に買っておくことがおすすめです。

 

白髪染めの頻度、使い方の比較

白髪染めを使う頻度は、前回の白髪染めから、白髪が気になる前に使いましょう。

あなた自身の白髪が気になってから使うということは、周りの人は、あなたの白髪に気づく可能性が高いからです。

自分自身、周囲の人に生え際、根元の白髪がバレる前に白髪を染める頻度が、比較的に無難です。

 

髪は、1日で0.3~0.4mmほど伸び、平均で1週間で約2.5mm、1カ月で約1cm伸びます。

一方で色残り効果は、ヘアカラートリートメントで1週間、ヘアカラー剤で1ヶ月ほどですが、髪を1ヶ月放置すると、根元が1cmも白くなるので、さすがに目立ちます。

おすすめは、週に一回の白髪染め頻度をキープすることです。

白髪染めを使う際には、

・生え際、根元、分け目の白髪が目立つところから塗る
・塗り残さないように、頭部を前、横、上、後に分けて塗る
・髪は片側だけではなく、いろんな角度から毛束を持って塗る
・後頭部のように髪があるために染めにくい箇所は髪を持ち上げる
・寒い日は、白髪染めの効果を引き出すために、暖かい部屋で付ける
・洗い残しがないように、暖かいシャワーでお湯に色が出なくなるまで洗い流す

ことが、白髪染めできちんと髪を染める使い方です。

白髪染め後のドライヤーは、忘れずに必ず普段と比較して、髪と頭皮を乾燥させましょう。

 

【白髪染めの比較おすすめ】副作用、オーガニック成分の比較は?

ヘアカラー剤のようにジアミンが配合されているとノンジアミン商品と比較して、髪や頭皮へのダメージ、副作用が気になります。

オーガニック成分や天然成分が配合されているヘアカラートリートメントだと、ヘアアレルギー、副作用反応が出るのは、比較的に稀ですが、絶対に副作用がないとは言い切れません。

副作用、アレルギー反応は、髪を染めてから6~48時間後に白髪染めを付けていない頭皮や顔に比べて、付けた部分に発疹、かぶれ、かゆみ、赤み、腫れなどの症状となって現れます。

特に妊娠中、授乳中や生理中の女性は比較的に肌が敏感になっていますので、前回は何も副作用がなかったからと言って、次回も大丈夫とは限りません。

何度もヘアカラー・白髪染めを繰り返す使っても、いつもは何も副作用がない人でも、疲れていたり、体調が悪い場合には、突然、副作用が出ることもあります。

心配な人はパッチテストを必ず毎回実施して、付けた部分と付けていない部分の様子を比較しましょう。

 

白髪染めの副作用について解説します。

 

白髪染めの副作用:アレルギーについて比較

白髪染めで、ヘアカラーアレルギーが発生するメカニズムは実は明確にわかっていません。

ヘアカラーのアレルギー副作用は、一般的なアレルギー症状と同じように免疫システムが敏感になり過剰に反応することで発生します。

ヘアカラーアレルギーの原因成分の一つにジアミン(正式名称:パラフェニレンジアミン)という成分があります。

ジアミンは、薬局、ドラッグストアなとで売られている一般的なヘアカラー剤や美容院で扱われているヘアカラー剤に比較的多くに含まれている染料の一つです。

何度もジアミンが含まれたカラー剤を使用するうちに、頭皮にジアミンが染み込み、アレルギーの副作用が起こる可能性が高まりますので、繰り返し使用する際には、要注意です。

 

ジアミン配合のヘアカラー剤を使う際には、

・頭皮や髪の生え際、顔、耳に腫れや傷がある
・皮膚のパッチテストで赤みなどのアレルギー反応が出た
・ヘアカラーで頭皮のかぶれなどの副作用が出たことがある
・ヘアカラーをしている最中や、ヘアカラー後にかゆみ等の副作用が出た

といった経験がある場合は、使用は避けてください。

また、妊娠中、生理中、授乳中の女性は、比較的に肌が敏感な時期なので、使用は避けるか、事前に専門医に相談しましょう。

 

ノンジアミンのヘアカラートリートメントであれば、ジアミン含有と比較して副作用は少なく、敏感肌の人でも使える商品が比較的に多いです。

 

【白髪染めの比較おすすめ】市販の白髪染め比較:お得な料金で買うには?

白髪染めは一回使って終わりではなく、使い続ける必要があります。最初はお試しで始めたとしても、なるべく安く続けたいですね。

市販されている白髪染めの購入方法を比較すると、薬局、ドラッグストア等の店舗や楽天、Amazon、Yahooなどに出店している大手の通販サイトや公式サイトなどといろいろあります。

ですが、最安値とは言え、ヤフオク、ラクマ、メルカリ等の誰がいつ買ったかわからないような商品を買うのはやめましょう。未使用品であったとしても、実は使用期限が切れていたり、何かあった時に返品できず、値段と比較してデメリットがあります。

また、楽天、Amazon、Yahooなどの大手の通販サイトで購入するとポイントがついてお得感がありますが、最もお得に買う方法は実は商品の公式サイトで買うことです。

比較結果を解説します。

 

白髪染めの市販商品の比較:公式サイトの定期便、キャンペーンでの購入が最もお得な買い方

楽天、Amazon、Yahooなどに出品している大手の通販サイトで購入するとポイントがついて比較的にお得感がありますが、いずれの商品も公式サイトで購入するのが最もお得です。

理由は、

・キャンペーン価格で購入できることが多い
・一回だけの通常購入ではなく、定期便購入ができる
・何かあった場合にカスタマーサポートセンターが利用できる

からです。

 

参考ですが、ルプルプの場合、楽天、アマゾンは定価ですが、公式サイトだと、お試しキャンペーンを利用すれば、34% OFFの最低価格で購入できます。

 

公式サイト 楽天 Amazon
  お試しキャンペーン ルプルプ楽天 ルプルプアマゾン
価格 1,980円(税抜)

→2,178円(税込)

3,300円(税込) 3,300円(税込)
送料 無料 無料 無料
返品保証 あり なし なし

 

さらに、ルプルプの公式サイトだと、何かあったときに、商品到着後10日以内は返品・返金保証が付いています。

全額返金保証

 

公式サイトでの購入を継続するだけでポイントが加算される商品もありますので、市販されている白髪染めを比較して最安値で購入するなら公式サイト経由の一択で決まりです。

 

くれぐれも、ヤフオク、ラクマ、メルカリ等で料金を比較して買うのは絶対にやめましょう。余った未使用品を転売したり、アウトレット品を安く仕入れて定価と比べて少し安く売る出品者が多いからです。

誰がいつ買ったかわからないので、未使用品だとしても使用期限が切れていたり、何かあった時に返品できず、新品と比較しておすすめできません。

 

肌に触れるものは、公式サイト経由の購入で決まりです。

 

【白髪染め比較おすすめ】自宅で手軽にできる白髪染め比較ランキング

白髪染めを比較するポイントとして、自宅で手軽にできることに焦点を当て、実際に使ってみた結果の比較ランキングを紹介します。

自宅で手軽にできる白髪染め1位:ルプルプ(LPLP)

ルプルプが手軽さNo.1の理由は、誤ってルプルプのクリームを、顔、手、洗面台やお風呂に付けたとしても簡単に洗い落せるからです。

ルプルプは、乾いた髪につけて、10分間待って、シャンプーで洗い流すだけで白髪染めができます。

放置時間は、通常なら10分、比べてしっかり染めたい場合は20~30分。

自宅で使う場合には、入浴前にルプルプを髪につけて、時間が来たらお風呂に入ってシャンプーで洗い流すだけと手軽です。

ルプルプをシャンプーで流した後のトリートメントは特にしなくても気になりませんでした。

ルプルプは素手でも使えますが、爪の奥に入ると比較的に洗い落としづらいので、手袋着用がおすすめです。

ルプルプの詳細ページはこちら

 

 

自宅で手軽にできる白髪染め2位:ラボモ(LABOMO)

ラボモの手軽さは、シャンプー後の髪に付けて、わずか3分放置するだけという時間の短さです。

なぜなら、お風呂でのシャンプー後のトリートメントとして使える白髪染めなので、白髪染めのために入浴前後に何かをする必要なく、今までの入浴スタイルを変える必要がないからです。

ですが、わずか3分でしっかり決まる白髪染め効果が非常に高く、髪に付けたトリートメントを完全に洗い流すのと、お風呂の床や壁についた場合に洗い流すのがルプルプと比較して大変でした。

3分待つだけなので、シャンプー後にラボモを付けても入浴せずに、体を洗って壁や床に髪のラボモが付かないようにしましょう。

 

ラボモ(LABOMO)の詳細ページはこちら

 

 

 

自宅で手軽にできる白髪染め3位:レフィーネ

レフィーネは乾いた髪とシャンプー後のタオルドライした濡れた髪の両方に使えます。

ですが、タオルドライ後の使用は手間なのでお勧めしません。

なぜなら、普段、タオルドライをする習慣がないので、入浴スタイルを変える必要があり、ルプルプと比較して手軽とは言えないからです。

放置時間はタオルドライ後の髪には10~15分ですが、乾いた髪には15~30分と長めなので、3位としました。

 

レフィーネの詳細ページはこちら

 

 

自宅で手軽にできる白髪染め4位:ブローネ泡カラー

ブローネ泡カラー

ブローネ泡カラーは、乾いた髪につけて放置し、シャンプーで洗い流すタイプです。

放置時間が20分と長めなのとカラー剤なので、髪以外に付いた場合に洗い流すのが、ルプルプと比較してとっても大変です。

さらに生え際に塗る場合には、頭皮についても洗い流せるように事前にニベアクリームのようなものを塗っておく必要がありますので、手軽さは4位としました。

カラー剤は染まる効果が非常に高いので、誤って付けると洗い落とすのが大変なので、美容院のように、誰かに付けてもらう方が無難です。

 

自宅で手軽にできる白髪染め5位:マイナチュレ

マイナチュレは、シャンプー後のタオルドライした濡れた髪に使うタイプです。

まずシャンプーをして、タオルドライして、髪に付けて10分放置してから、すすぎます。

タオルドライする習慣がある人なら別ですが、手軽さという点では、ルプルプと比較してお勧めしません。

 

マイナチュレの詳細ページはこちら

 

 

【白髪染め比較おすすめ】ヘアケア成分配合ランキング

白髪染めのヘアカラー剤の多くはタール系の色素や、ジアミン系の酸化染料が配合され、髪のキューティクルを開いて、髪の内側に染料を染み込ませます。

色は染まりやすくはなりますが、比較的、髪へのダメージも残ります。

継続使用するのなら、ヘアケア成分を配合した白髪染めがおすすめです。

ヘアケア成分を多く配合した白髪染めランキングを紹介します。

ヘアケア成分配合白髪染め1位:ルプルプ

ルプルプは髪のダメージにつながる、タール系色素・ジアミン系酸化染毛剤は無添加で使用せず、植物由来の天然染料を使用しているので、髪へのダメージは、ジアミン系と比較してほぼありません。

美容成分が94%も配合されており、中でも日本初・業界初のガゴメ昆布フコイダンが配合されているのは他商品と比較してもルプルプだけで、髪をダメージからバリアしてくれます。

ルプルプは、ヘアケア成分配合の白髪染めとしても、堂々の1位と言えます。

ルプルプの詳細ページはこちら

 

 

ヘアケア成分配合白髪染め同率1位:マイナチュレ

マイナチュレもノンジアミンの白髪染めで、4種類の白髪ケア成分、2種類のヘアケア成分を配合しています。

植物由来成分はルプルプと比較しても同じ94%なので、同率1位としました。

 

マイナチュレの詳細ページはこちら

 

 

ヘアケア成分配合白髪染め3位:ラボモ(LABOMO)

 

ラボモもノンジアミンで、18種類の毛髪美容保湿成分が配合されています。

美容成分は93%なので、比較結果、3位としました。

 

 

ラボモ(LABOMO)の詳細ページはこちら

 

 

 

ヘアケア成分配合白髪染め4位:レフィーネ

レフィーネもノンジアミンで4つの植物成分で髪に潤いを与え、3種のトリートメント成分で髪を補修します。

美容成分の配合量の記載がなかったので、比較結果、4位としました。

 

レフィーネの詳細ページはこちら

 

 

ヘアケア成分配合白髪染め5位:ブローネ泡カラー

ブローネ泡カラー

ブローネ泡カラーは2種類の毛髪保護成分を配合していますが、ジアミン系のヘアカラー材です。

リペアトリートメントはついていますが、髪へのダメージは少なからずあるので、比較した結果、5位としました。

 

【白髪染め比較おすすめ】肌美容成分配合ランキング

ジアミン系の酸化染料は、髪だけではなく、頭皮にもダメージを与えます。

継続使用するのなら、比較的、頭皮のダメージも抑えられる、肌美容、スカルプ成分を配合した敏感肌の人でも安心して使える白髪染めがおすすめです。

肌美容成分を多く配合した白髪染めランキングを紹介します。

 

肌美容成分配合白髪染め1位:レフィーネ

ノンジアミンのレフィーネは、数万通りの組み合わせから、日本女性の髪と頭皮に最適な組み合わせを追求したヘアカラートリートメントです。

頭皮ケア成分は12種類も配合されており、肌美容配合で比較した白髪染めランキングは1位です。

 

レフィーネの詳細ページはこちら

 

 

肌美容成分配合白髪染め2位:ルプルプ(LPLP)

ルプルプは、ノンジアミンで、業界初のフコイダンを高分子化と小分子化し、肌の表面と内側に潤いを与えます。

アレルギー・パッチテストも徹底比較されており、肌美容成分配合ランキング2位です。

ルプルプの詳細ページはこちら

 

 

肌美容成分配合白髪染め3位:マイナチュレ

マイナチュレはノンジアミンで、7種のスカルプケア成分、5種のエイジングケア成分を配合しています。

パッチテスト・アレルギーテスト、スティンギングテストを徹底して行っており、敏感肌の方も使える肌に優しいヘアカラートリートメントです。

肌美容成分配合ランキングは3位です。

 

マイナチュレの詳細ページはこちら

 

 

肌美容成分配合白髪染め4位:ラボモ(LABOMO)

ラボモはノンジアミンで、ヘアケアと頭皮のための18種類の美容成分が配合されています。

ですが、使用時間がわずか3分なので、肌への浸透時間が比較的少なく、肌美容効果は4位としました。

 

ラボモ(LABOMO)の詳細ページはこちら

 

 

肌美容成分配合白髪染め5位:ブローネ泡カラー

ブローネ泡カラー

ブローネ泡カラーには、頭皮保護成分の記載はありませんでした。

 

【白髪染め比較おすすめ】市販ランキング

Amazon、楽天で総レビュー数のうち、ポジティブな評点4~5点のレビューが多い白髪染めのランキングです。

実際に購入して、使った人たちの口コミなので、信頼性も高いと言えます。

Amazon売れ筋ランキング1位:ブローネ泡カラー

ブローネ泡カラー

Amazonには、ブローネ泡カラーの公式サイトがありませんでしたが、最もレビュー数が多いショップを調べた結果、474人のレビューの内、70%が4点以上でした。

ポジティブなレビューとしては、

・ドラッグストアより安い
・きっちり白髪が染まる
・色の種類が多い

と言ったものでした。

 

一方、比較して、

・髪が痛む
・髪がパサついた

というネガティブなレビューも全体の15%ありました。

髪の痛みは目をつぶって、きちんと染めると割り切って使う分には良い商品だと思います。

 

Amazon売れ筋ランキング2位:ルプルプ(LPLP)

Amazonにルプルプを出品しているレビュー数最多のショップでは、174人がレビューしており、62%が4点以上でした。

高評価のレビューは、

・アトピーでも問題ない
・きちんと染まってコスパが良い
・ここ数年はルプルプを使っている

と言ったものでした。

比較して、ネガティブなレビューは、

・一回で染まらない
・使い方がわからない
・洗っても手に残った

と言ったものが16%ありました。

ルプルプの詳細ページはこちら

 

 

Amazon売れ筋ランキング3位:マイナチュレ

マイナチュレを出品しているレビュー数最多のショップでは、39人がレビューしており、57%が4点以上でした。

評点2点以下のネガティブなレビューは20%でした。

 

マイナチュレの詳細ページはこちら

 

 

Amazon売れ筋ランキング4位:ラボモ(LABOMO)

サンプル数が少なく参考値です。3人中2人の65%が5点でした。

 

ラボモ(LABOMO)の詳細ページはこちら

 

 

Amazon売れ筋ランキング5位:レフィーネ

サンプル数が少なく参考値です。15人の50%が4点以上でした。

 

レフィーネの詳細ページはこちら

 

 

楽天売れ筋ランキング1位:ルプルプ(LPLP)

楽天には公式ルプルプショップが出店しています。レビューを書き込んでいた202人中182人の95%が4点以上という超高評価でした。

高評価のレビューは、

・きちんと染まった
・アレルギーでも使えます
・頭皮がかぶれ中でも使えた

と言ったものが多くありました。

 

一方で、ネガティブな評価の声は、わずか2.5%しかありませんでしたが、

・染まりが悪い
・在庫切れで商品が届かなかった
・色持ちが悪い

と言ったものでした。

ルプルプの詳細ページはこちら

 

 

楽天売れ筋ランキング2位:レフィーネ

楽天に出店しているレフィーネ公式サイトのレビュー数706人中、85%の601人が4点以上でした。

1位のルプルプに続き、高評価です。

高評価の人のレビューは、

・染まりが良い
・3回連続で使ったら染まった
・トリートメントの代用で白髪染めできるのは得

と言ったものでした。

 

低評価のレビューは、わずか4%で、

・染まらない
・色落ちが早い
・ヘッドスパとしては気持ち良いけど、そこまで高評価ではない

と言ったものでした。

 

レフィーネの詳細ページはこちら

 

 

楽天売れ筋ランキング3位:ラボモ(LABOMO)

192人中、78%の150人が4点以上の高評価でした。

一方で、14%が低評価でした。

 

ラボモ(LABOMO)の詳細ページはこちら

 

 

楽天売れ筋ランキング4位:マイナチュレ

43人中、67%の29人が4点以上で、14%が2点以下とまあまあの評価でした。

 

マイナチュレの詳細ページはこちら

 

 

楽天売れ筋ランキング5位:ブローネ泡カラー

サンプル数が少なく参考値です。13人中、85%の11人が4点以上でした。

 

【白髪染め比較おすすめ】レディースランキング

男性用と女性用の白髪染めの成分は比較しても基本的に同じです。

一般的に女性は男性に比べて、妊娠中、授乳中等でホルモンバランスが崩れて敏感肌になりやすい傾向にあるので、髪や肌に優しいヘアカラーを選ぶ方が良いでしょう。

レディース向けの比較ランキングを紹介します。

 

レディースの白髪染め1位:ルプルプ(LPLP)

ルプルプは、髪と肌に優しい天然成分が94%も配合されており、独自成分のガゴメ昆布フコイダンが髪と頭皮をダメージからバリアしてくれます。

色を比較すると、赤みのあるブラウン、ダークブラウン、一番人気のモカブラウン、新発売のベージュブラウンとソフトブラックの計5色もバリエーションがあります。

使用方法も乾いた髪に使え、10分後に洗い流せば良いのと、お風呂の床や壁が汚れても簡単に洗い落せるので、家事も忙しい女性向け1位です。

ルプルプの詳細ページはこちら

 

 

レディースの白髪染め2位:レフィーネ

レフィーネは、白髪染めをする際に、軽く頭皮をマッサージすることでヘッドスパ効果も得られます。

色は、ダークブラウンが人気No.1で、ライトブラウン、マロンブラウン、ローズブラウン、ナチュラルブラックの計5色あります。

日本女性の髪と頭皮に最適な組み合わせに配合された白髪染めです。

 

レフィーネの詳細ページはこちら

 

 

レディースの白髪染め3位:ラボモ(LABOMO)

シャンプー後に付けてから、3分で洗い流せるので、忙しい女性にはおすすめです。

カラーバリエーションは、ナチュラルブラック、ダークブラウン、ブラウンの3色です。

 

ラボモ(LABOMO)の詳細ページはこちら

 

 

レディースの白髪染め4位:マイナチュレ

肌が敏感になる妊娠中、授乳中の女性でも使える白髪染めですが、タオルドライ後の使用になるので、日常的に使うのは、かなりの手間です。

色は、ダークブラウンとブラウンの2色だけです。

 

マイナチュレの詳細ページはこちら

 

 

レディースの白髪染め5位:ブローネ泡カラー

しっかり白髪染めをしたい女性向きです。ヘアカラー剤なので、髪のダメージは考えておく必要があります。

色は、22色と十分選べます。

 

【白髪染め比較おすすめ】メンズランキング

一般的に男性は女性と比較して、髪が短いので、一回に使う白髪染めが少なくて済みます。

ですので、使い切りタイプの白髪染めだと余ってしまって捨てる量が多くなります。使う都度に出すチューブ式かボトル式が男性にはお勧めです。

メンズ向けのランキングを紹介します。

メンズの白髪染め1位:ラボモ(LABOMO)

放置時間がわずか3分なので、髪の短い男性にはお勧めです。

お風呂でシャンプー後、ラボモを付けて体を洗っている間に3分経ちますので、髪と体を一緒に洗い流せば終了です。

 

ラボモ(LABOMO)の詳細ページはこちら

 

 

メンズの白髪染め2位:ルプルプ(LPLP)

入浴前に白髪が気になる部分に付けて、10分放置してシャンプーして流すだけの白髪染め。

手、顔についても簡単に洗い流せるので、自宅での白髪染めに慣れていない男性でも安心して扱えます。

ルプルプの詳細ページはこちら

 

 

メンズの白髪染め3位:レフィーネ

マッサージをすることでヘッドスパ効果が得られるレフィーネは、頭皮の毛穴に汚れが溜まっている男性におすすめです。

 

レフィーネの詳細ページはこちら

 

 

メンズの白髪染め4位:マイナチュレ

敏感肌の男性でも安心して使える白髪染めですが、ただシャンプー後のタオルドライした髪に使用するのは手間です。

 

マイナチュレの詳細ページはこちら

 

 

メンズの白髪染め5位:ブローネ泡カラー

髪の短い男性でも使えますが、毎回使い切るタイプなので、カラー剤がほとんど残ってしまいます。

 

【白髪染めの比較おすすめ】成分について

白髪染めには、ヘアカラー成分に加えて、ヘアケア、スキンケア、スカルプケア等のいろんな成分が配合されています。

ですが、どの成分が何のために配合されているか、副作用や安全性がわからないまま白髪染めを使うのは心配です。

ここでは、ヘアケア系、スカルプケア系、アロマ効果系、ヘアカラー剤に配合されていることが比較的多い成分の役割と安全性を紹介します。

市販されているヘアカラーの成分を比較・確認するのに活用ください。

 

ヘアケア系の白髪染めの比較おすすめ成分/サポート成分

ヘアケアを謳い文句にしている白髪染めの多くに配合されている成分を紹介します。

ここで紹介する成分はほとんどアレルギーの副作用や安全性に問題ないので、成分表記されていても安心です。

 

水添ナタネ油アルコール

水添ナタネ油アルコール:ナタネ油から得られるこのアルコール。増粘剤、乳化剤安定助剤、感触改良剤として様々な製品に幅広く使用され、多くのスキンケア製品やヘアケア製品にとって欠かせない成分のひとつ。

役割:油成分と水分を均一に乳化し分離させない乳化安定を助ける役割を果たす。髪の仕上がりを良くする感触改良材として、シャンプーやトリートメント、白髪染めといったヘアケア製品にも配合されることが多い。

安全性:植物由来で毒性もなく、安全性は高い。無添加製品にも用いられる素材のひとつ。アルコールとは呼ばれていても、エタノール(一般的にアルコールと呼ばれる成分)とは異なり、肌に刺激を与える心配もない。

(引用元:https://www.recolor.jp/seibun/hydrogenated_rapeseed_alcohol.html)

 

ホホバ種子油

ホホバ種子油:別名ホホバオイルとも呼ばれており、完熟した実の中の種子から抽出した液体ワックス。不飽和脂肪酸を多く含むため酸化しにくいという特徴がある。

役割:分子構造が小さく汚れやメイクを落とす効果に優れる。水と相性が良く、すぐになじみ浸透し、肌のバリアとなる。皮脂や汚れを吸着するのでヘアケア製品にもよく使用され、抜け毛や白髪を予防しツヤのある髪にする効果もある。

安全性:元々はアメリカのインディアンが肌や髪に使用していたもので、安全性は非常に高いです。

(引用元:https://www.recolor.jp/seibun/jojoba_seed_oil.html)

 

アルガニアスピノサ核油

アルガニアスピノサ核油:アカテツ科の植物であるアルガンの木の実から抽出される脂肪油。化粧品などにも幅広くも用いられている。

役割:高い抗酸化作用を持つ、肌に低刺激の天然オイル。毛髪の栄養補給や保護、柔軟化させる特徴があることからヘアケア製品に多く配合されている。白髪染めの保湿成分として採用され、特に傷みやパサつきといった髪のダメージを低減する。

安全性:安全性は高く、妊婦の妊娠線予防や赤ちゃんのベビーオイルとしても役立てられている。オーガニック成分のひとつでもあり、治療薬として用いられていることからも、人の肌に使用して重篤なトラブルの出る心配はない。

(引用元:https://www.recolor.jp/seibun/argania.html)

 

 

加水分解ケラチン(羊毛)

加水分解ケラチン(羊毛):ケラチンタンパク質を酸や酵素で加水分解してできる成分。ケラチンは18種類のアミノ酸から作られており、特にシスチン、ロイシン、アルギニン酸、グルタミン酸が多く含まれている。羊毛に多く含まれることから、加水分解ケラチンの多くは羊毛から作られる。

役割:髪のキューティクルに付着することで保湿作用のある薄い皮膜を作り、ハリやコシ、しなやかさのある髪を目的にトリートメント剤などにも配合される。

安全性:安全性は高く、多くの化粧品に配合されている。しかし多くの加水分解ケラチンが羊毛から作られており、羊毛アレルギーがある場合はかゆみや炎症を起こす危険性がないとはいえまない。

(引用元:https://www.recolor.jp/seibun/kasuibunkaikeratin.html)

 

クチナシ果実エキス

クチナシ果実エキス:クチナシはアカネ科の常緑低木で、日本のほか中国や台湾などに植生する植物。10~11月頃にできる果実から採れたエキスがクチナシ果実エキスで、そこから採れる黄・赤・青の染料は食用として現在も使用されている。

役割:成分のクロシンに抗酸化作用があり、エイジングケアに効果が期待できる。また、紫外線によりメラニン色素が増えるのを食い止める働きがあることから、美白化粧品に活用されています。

安全性:昔から料理や生地の染料として使用されてきたおり、経口でも塗布でも安全度は高いと考えられる。

(引用元:https://www.recolor.jp/seibun/kuchinashi-kajitsu.html)

 

スカルプ系の白髪染めのおすすめ成分/サポート成分

頭皮の毛穴のつまりを除去したり、調子を整えるスカルプ系の白髪染めによく配合されている成分を紹介します。

紹介する成分のほとんどアレルギーの副作用や安全性に問題ありませんが、心配な場合にはパッチテストをしましょう。

 

パンテノール

パンテノール:ビタミンB5の誘導体で、アルコール型誘導体で、体内でパントテン酸に変化します。パントテン酸には抗ストレス作用、動脈硬化予防作用があるほか、新陳代謝の活性化に重要な働きをします。

役割:皮膚細胞の活性化、ダメージの修復、保湿、抜け毛や白髪予防など多くの働きがあります。皮膚を細胞から活性化することでかゆみやひび割れ、あかぎれが起こりにくい皮膚にすることから、医薬品にも配合されています。

安全性:ビタミンB群の一つであり、欧米では古くから皮膚疾患の治療に塗布していることから、副作用の心配はほとんどない。

(引用元:https://www.recolor.jp/seibun/panthenol.html)

 

ショウガ根茎エキス

ショウガ根茎エキス:ショウガ科の多年草で、紀元前から医薬品や食品として使用されてきた根茎から抽出したのが、ショウガ根茎エキス。

役割:ショウガの作用は多くの研究があり、血行を促進することから毛根刺激剤や頭皮刺激剤としての効果が期待できるとされている。

安全性:遅延型食物アレルギーを引き起こす可能性があるとされているが、遅延型でそれほど反応がひどくないためわかりにくい。心配な場合は、パッチテストで肌刺激を確認することがお勧め。

(引用元:https://www.recolor.jp/seibun/zingiber.html)

 

ゴマ油(セサミオイル)

ゴマ油(セサミオイル):ミネラルとビタミンが豊富に含まれており、特にビタミンEは血行と新陳代謝を促す効果が期待できる。またセサミオイルの「ゴマリグナン」(別名セサミン)には、アンチエイジング効果と強い抗酸化作用がある。

役割:地肌を柔らかく整え、抜け毛や薄毛の改善を図ることができる。セサミオイルで頭皮をマッサージすることで、シャンプーだけではなかなか取れない毛穴の汚れや老廃物の排出を促進することができる。

安全性:食品として口に入れられるものなので、安心してヘアケアにも使用できる。

(引用元:https://beauty.epark.jp/hair/article/bc-37/mc-91/sc-98/writing-002880/)

 

ボタンエキス

ボタンエキス:ボタン科の植物の牡丹の根の皮から抽出されるエキス。

役割:ボタンエキスには、ペオノール、ペオノサイト、ペオニフロイン、タンニン、ペオノリット、アラントイン、β-シトステロールなどが含まれ、抗炎性、鎮痛、沈静作用、抗酸化作用、血行促進効果に期待がもてる。

安全性:植物由来成分で毒性の心配もなく、安全性は高い成分。薬用植物で、抗アレルギー作用があり、トラブル肌改善に有効的と言われている。

(引用元:https://www.recolor.jp/seibun/botan.html)

 

アロマ効果系の白髪染めの比較おすすめ成分

アロマテラピーは植物から抽出した香り成分を精油(エッセンシャルオイル)し、心や身体のストレスの緩和や美容と健康をサポートする芳香療法です。

アロマの心地よい香りを嗅ぐことで、芳香成分が鼻の粘膜から脳に伝わり自律神経を刺激し、心や身体が落ち着きリラックス効果があるといわれています。

アロマ効果が期待できる白髪染めによく配合されているおすすめ成分を紹介します。

イランイラン花油

イランイラン花油:バンレイシ科の植物で、成分は安息香酸、ゲラニオール、リナロール、オイゲノール、カジネン、ピネンなどで、アドレナリンの分泌を抑える働きがあるとされ、非常にリラックス作用が強い精油。

役割:皮脂の分泌のバランスを整える働きがあり、乾燥肌、脂性肌に使用すると肌を整える。また、頭皮によい刺激を与えると考えられ、育毛効果もあるといわれている。

安全性:非常にリラックス作用が高いので、集中力が必要とされる時には使用しないほうがよい。また、肌に刺激性があり、敏感肌や炎症や皮膚炎がある場合は使用を避けた方が良い。

(引用元:https://www.recolor.jp/seibun/ylangylang.html)

 

ラベンダー油

ラベンダー油:ラベンダーはシソ科ラヴァンドラ属の植物で、約40種類ある。

役割:紫外線から肌を守る作用があることから、日焼け止めを始め多くの化粧品に配合されている。皮脂のバランスを取り、脂性肌、乾燥肌どちらにも使用できる。殺菌、発汗、抗炎症作用などもあり、頭皮環境を良くし育毛や抜け毛に効果が期待でき、育毛剤にも配合されている。

安全性:肌に直接つけることができる精油として知られているが、通常は希釈しないと刺激となる。

(引用元:https://www.recolor.jp/seibun/lavender.html)

 

ライム油

ライム油:ライムは柑橘類の一種で、レモンを少し丸くしたような果実で、これから採れるのがライム油。

役割:収れん作用や抗菌作用があることから、特に脂性肌の肌を引き締める効果が期待できる。髪のキューティクルを閉じて髪を保護し、オイル成分でツヤを与える。豊富なビタミンCの作用によって抗酸化作用が期待でき、日焼け止めを抑える助けとなる。

安全性:ライムにはフロクマリンという光毒性のある成分が少量含まれているため、室内以外は使用しないほうが良い。

(引用元:https://www.recolor.jp/seibun/lime.html)

 

ニオイテンジクアオイ油

ニオイテンジクアオイ油:アロマテラピーの世界では「ゼラニウム」の名で知られ、ゼラニウムの全草または葉から抽出される精油。

役割:皮脂分泌量をコントロールする働きがあり、乾燥肌から脂性肌まで使用できる。血行促進作用があり、新陳代謝の衰えた肌や血行の悪い肌を改善する効果が期待できる。

安全性:堕胎薬としても使用されているほど通経作用が強いため、妊娠中は避けた方が良い。植物アレルギーがある場合や肌が敏感な人は避けたほうが良い。

(引用元:https://www.recolor.jp/seibun/nioitenjiku.html)

 

レモングラス葉油

レモングラス葉油:イネ科オガルカヤ属の多年草で、レモンと同じ香り成分のシトラールがあり、レモンに似た香りがすることが、名の由来。

役割:収れん作用があり、毛穴を引き締めるとともに真菌に作用し、脂漏性皮膚炎や脂漏性脱毛症にも効果が期待できる。デオドラント作用もあり、体臭が気になる場合にも使用できる。

安全性:非常に刺激が強い精油なので、肌への使用を避けるようにという専門家もいるほどだが、化粧品に配合されている程度であれば問題はないと考えられる。

(引用元:https://www.recolor.jp/seibun/lemongrass.html)

 

レモン果皮油

レモン果皮油:精油のレモン油で、ミカン科レモンの果皮を圧搾法または水蒸気蒸留法で抽出した油。近年は水蒸気蒸留法が多くなっている。

役割:古い角質を取り除く働きがある。また、毛細血管の修復や血液の循環に働きかけ、頭皮環境の改善や髪の成長を促す効果が期待できる。

(引用元:https://www.recolor.jp/seibun/limon_kahil.html)

 

パルマローザ油

パルマローザ油:パルマローザはイネ科の植物で、パルマローザ油は花が咲く前に摘んだ葉を蒸留したもの。バラに似た甘い香りが、名の由来。

役割:バラの精油の代わりの香料として添加される。また水分と皮脂の調節をする働きがあり、どんなタイプの肌質にも合いやすい精油。細胞の新陳代謝を促しシワを薄くするといわれているので、エイジングケアに効果を発揮することが期待できる。

安全性:比較的肌への刺激が弱い。が、パルマローザはイネ科なので、万が一花粉が混ざっているとアレルギーを引き起こす可能性がある。イネ科アレルギーの人はパッチテストがおすすめ。

(引用元:https://www.recolor.jp/seibun/palmarosa.html)

 

オレンジ油

オレンジ油:オレンジの果皮から採れる精油。リモネンという成分が含まれており、血行促進や免疫力強化作用がある。オレンジとビターオレンジ(ダイダイ)の2種類あるが、成分表記名からは判別できない。

役割:保湿作用、コラーゲン生成促進作用や血行促進作用があるので、肌の若返りが期待でき、エイジングケアにも向いています。また、血行促進、抗菌、保湿作用があるので頭皮環境が整い育毛が期待でき、育毛シャンプーや育毛剤にも使用されている。

安全性:ビターオレンジにはフロクマリンという成分が多く入っており、光毒性があるが、オレンジ油にはほとんど含まれていない。

(引用元:https://www.recolor.jp/seibun/orange.html)

 

ユーカリシトリオドラ油

ユーカリシトリオドラ油:ユーカリと成分が違い、シトロネラールが約80%と最も多く含まれている。トリオドラは副交感神経により働きかけ、ストレスを解消して心身をリラックスさせ、やる気を出させる特徴がある。

役割:抗真菌作用があり、脂漏性皮膚炎によるマラセチア菌の増殖を抑える働きが期待され、頭皮ケア製品にも配合されている。

安全性:肌にピリピリとした刺激を感じる場合があるが、白髪染めの精油量は少なく、ほとんど問題ない。

(引用元:https://www.recolor.jp/seibun/eucalyptus_citriodora.html)

 

グレープフルーツ果皮油

グレープフルーツ果皮油:グレープフルーツの果皮から採取されたオイル。ヘアケアオイルとして使用することによって髪の毛の保湿効果なども得られる。

役割:髪の毛の保湿効果や過剰に分泌される皮脂を適度なレベルまで抑える。

安全性:果皮に多く含まれるフラノクマリン(フロクマリン)には、光毒性がある。日光に晒されると炎症を引き起こす可能性があるので、室内での使用がおすすめ。

(引用元:https://oil-life.jp/grapefruitsoil/)

グレープフルーツと言えば、スッキリした香りですが、アロマオイルにも多く配合されています。

天然のアロマ成分の一つなので、リラックス効果が期待できます。

 

染まりやすい白髪染めの比較おすすめ成分/サポート情報

ヘアカラー剤のように染まりやすく、1~2ヶ月程度の効果が持続する白髪染めに良く配合されている成分をいくつか紹介します。

いくつかの成分は、肌へのアレルギー反応の可能性があるので、お使いのヘアカラー剤、ヘアカラートリートメントに含まれている場合には、使用前に必ず、パッチテストを行いましょう。

パラアミノフェノール

パラアミノフェノール:医薬部外品。染料中間体と呼ばれ、酸化することで発色する。

役割:アミノフェノール系のほかジアミン系の染料やカップラーなどと組み合わせることで、あらゆるカラーを作り出す。

安全性:接触するとアレルギー性皮膚炎を起こす危険性がある。

(引用元:https://www.recolor.jp/seibun/aminophenol.html)

パラアミノフェノールは、黄色やオレンジ色を出すために、ヘアカラー剤にとても良く使われる酸化染料です。

ですが、刺激性が強いので大量に含まれているヘアカラー剤を使ったり、頭皮に直接付けることは避けましょう。

使用するカラー剤に配合されている場合には、予めパッチテストをすることをお勧めします。

メタアミノフェノール

メタアミノフェノール:医薬部外品。パラアミノフェノールの異性体。

役割:カップラーと呼ばれ、染料中間体と合わさることで発色する。

安全性:フェノール系は刺激性があり、吸入すると喘息や呼吸困難、接触によりアレルギー性皮膚炎を起こす可能性がある。

(引用元:https://www.recolor.jp/seibun/aminophenol.html)

メタアミノフェノールは、アッシュ系、モノトーン系のようなクールで深みのある色のヘアカラー剤に多く配合されています。

反応する染料中間体によって色が変わり、かつ染料中間体との反応速度が遅いので、白髪染めに慌てることなく、仕上がりまで比較的時間的な余裕があるカラー剤です。

カラー剤によく配合されていますので、予めパッチテストをしましょう。

 

ジアミン (パラフェニレンジアミン)

ジアミン (パラフェニレンジアミン):1863年にドイツで発見されたヘアカラー剤で、「酸化染料」の一種。

役割:酸化して黒褐色に発色する。2剤式の白髪染めや茶系のヘアカラー剤に配合されている。

安全性:かぶれやアレルギーを引き起こす危険性が認められている。

(引用元:https://www.recolor.jp/seibun/p_phenylenediamine.html)

多くの白髪染めに配合されているジアミンですが、発色効果がある一方で肌への副作用が心配になる成分の一つです。

使用前のパッチテストは実施しましょう。

肌荒れやアレルギーが心配な場合は、ノンジアミンのヘアカラートリートメントを試すのがおすすめです。

 

セトリモニウムクロリド

セトリモニウムクロリド:四級アンモニウム塩のカチオン(陽イオン)界面活性剤。多くのコンディショナーやトリートメントに配合されている成分。

役割:髪表面のコンディションを整える。髪の静電気を抑え、ほこりを寄せ付けず、柔らかい質感を出す。しかし髪そのものの状態を良くする作用はない。

安全性:接触性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎を起こす可能性がある。

(引用元:https://www.recolor.jp/seibun/cetrimonium_chloride.html)

ヘアカラー剤の効果により、髪のキューティクルが開いたり、剥がれると、髪の内部の水分やタンパク質が逃げ出し、髪が乾燥し、静電気を帯びやすくなります。

セトリモニウムクロリドのような界面活性剤により、髪に帯電防止効果を与え、髪のハネを抑える働きがあります。

多くのヘアカラー剤や、クレンジング剤、ピーリング剤にも使われていますが、使用前のパッチテストは忘れずに行いましょう。

 

ベヘニルアルコール

ベヘニルアルコール:ナタネ油から得られる脂肪族アルコール。

役割:水と油を混ぜ合わせる性質があり、乳化安定剤としての役割や、髪になめらかさを与えることや頭皮を保護する効果がある。

安全性:植物由来で、安全性の高さがひとつの魅力とされている成分。

(引用元:https://www.recolor.jp/seibun/behenyl_alcohol.html)

ベヘニルアルコールは、アルコールとは名が付いているものの、エタノールなどの一般的なアルコールとは、性質が異なるため、ベヘニルアルコールが配合されていてもアルコール無添加と表記できます。

ベヘニルアルコールは安全性が高い成分の一つですので、安心して使って良いと言えます。

 

 

セタノール

セタノール:パーム油、牛脂などから採れる高級飽和脂肪族アルコール

役割:薄い皮膜となって肌や髪を乾燥から守る

安全性:経皮適用した1664名のうち2名に刺激性が認められた、とあり全く無刺激ではないにせよ、0.12%と非常に低い確率なので、ほぼ安全と考えて良い。

(引用元:https://www.recolor.jp/seibun/cetyl_alcohol.html)

セタノールは乳液などのスキンケア製品や口紅にも使われている成分で、べとつきが少なく、スキンケア製品にはもちろんヘアケア製品にも、髪のダメージ保護や潤いをアップします。

 

 

 


白髪予防・白髪染めランキング

タイトルとURLをコピーしました